担当者の想い

将来への備え、学ぶことがはじめの一歩

私はそもそもこの会社に入社したのも、このセミナーに参加したことがきっかけだったんです。「セミナーってなんだろう?お金のことを考えましょうって確かにそうだな」っていうくらいの軽い気持ちで参加ししました。内容についてぼんやりしたままセミナーに参加したのですが、セミナーを聞いてみたら将来のお金をどう考えるかということや、日本の人口減少が自分の貯蓄とどう影響するのかなどを分かりやすく教えてもらえて、それでセミナーが終わることにはすごく感動していたんです。今は自分がセミナー運営の担当者なので、もっとこのセミナーをたくさんの人に知ってほしいと思っています。

私は普段お客様への商品のご説明やアフターフォローも行っており、全国を飛び回っています。今はご紹介などで弊社をしってもらった方にお客様になって頂いていますが、もっとたくさんの人のお役に立てるんじゃないかと日々思っていました。なので、ムフール(KOREDA)のセミナープロジェクトを聞いた時に、「私がやりたいと思っていたことはこういうことだ!」と直感的に思い、担当者としても関わりたい!と手を上げました。

正直に言いますが、私は自分でKOREDA(ムフール)の担当を自分から手を上げて任命してもらった訳ではなく、上長からの指示だったというのがきっかけです(笑)。だけど、当社のセミナーに参加してすごく勉強になったという声をお客様から聞くうちに、やっていてよかったなと今は充実感があります。

不動産投資って怖くないんだ、誰でもできるんだということをもっと多くの人に知ってもらいたいですね。私自身も物件を購入しているのですが、当社の商品は賃料保証やアフターフォローなどすごくきめ細やかなサービスがあって、女性の方でも安心できる内容になっているという自身があります。もちろんこのセミナーは将来に漠然とした不安をもっている人が具体的に備えについて考えるきっかけになればいいなと思っています。

私は新卒でこの会社に入社しました。採用面接で代表の植西に私の弱みであるメンタル面を指摘されながら、仕事を通じて成長していくという話に感化されました。今でもオフはアウトドアやスポート等全力で楽しみながら、仕事のことになると不動産投資が世の中の人のためになるという熱い思いや姿勢に共感しています。KOREDAもそういった弊社の想いが伝わるセミナーにしていきたいと思っています。